家が劇的に片付く方法

 
きらきらイメージ

以前、思い切って断捨離をした時、気持ちがすっきりし、前向きに行動できるようになりました。

この時、断捨離のメンタルへの影響を感じていました。

時間つぶしに寄った本屋さんで、メンタリストのDaiGoさんが、片付けについての本を出していることを知りました。

とても興味が湧いて思わず手に取りました。

 

断捨離の仕方

 

私が洋服を断捨離した時は、
○今後も着たいか、着たくないか
○必要か、必要でないか
を基準に、1つずつ見極めていきました。

この本では片付けの方法がいくつも紹介されていますが、私が1番なるほど!と思ったのは、理想の1日を考えるところから始める方法です。

 

断捨離は捨てられるものを探すのではない

 

まず自分の理想の1日を考えて、それに必要なモノを書き出していきます。
例えば、朝コーヒーを飲むなら、必要なのはコーヒーメーカー、カップ。
ブログを書くなら、スマホやパソコンなど。
平日、休日、朝、昼、夜など、曜日や時間帯別に具体的に。

そこで書き出して、出てきたモノが、自分にとって必要なモノ。
出て来ないものは、必要のないモノ= 捨てるべきモノ

必要のないモノを探すのではなく、必要なモノを残す。という片付け方法です。

この考えでいくと、家には捨てるべきモノがたくさんあることに気付きます。

 

1イン2アウト

 

この本では、何かモノを1つ手に入れたときは、代わりに2つのモノを処分することを勧めています。
それが1イン2アウトです。

1つ手に入れたら、代わりに1つ処分するという方法があります。
これは1イン1アウトで、入れ替わりなので、家にモノが増えることはありません。

ですが、2つ処分することで、いただいたモノなど、自分で購入する以外の、なんとなく家に入ってくるモノで家がいっぱいになってしまうことも避けられると言うのです。

確かに...と思いました。

家にあるものは、すべてが自分で選んだモノではありません。

意識して減らしていかないと、モノは増えていくばかりです。

 

まとめ

 

自分の理想とする生活で使わないモノは、必要のないモノ。
何か新しいモノが1つ必要になったら、今あるモノを2つ処分する。

この意識で、家を、部屋を、引き出しを片付けていけば、今よりさらにすっきり暮らせそうな気がします。

必要なモノ、好きなモノだけに囲まれた生活を考えるとワクワクします。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.