実家での習慣はもう必要ない

 
洗濯イメージ

昨日の買いだめの記事を書きましたが、私の買いだめグセは、実家の影響かもしれないと思います。

実家では、柔軟剤は安売りの時にケース買いしていました。
日用品はまとめ買いが多かったと思います。
自然に身についていたのかもしれません。

 

実家の生活を再現

 

結婚後に新生活を始めるにあたって、こうでなければいけない!実家の生活を思い浮かべて、いろいろ買い込んだ気がします。
実家でしか暮らしたことがなかったので、生活していくためには、同じレベルにする必要があると思い込んでいました。

 

実家の洗濯物の干し方

 

たとえば、洗濯ピンチですが、
絶対必要だと思って、実家のものを1つ持ってきました。

このタイプです。
ところが、旦那は、洗濯ピンチを使ったことがないのだそうです。

しんか
じゃあどうやって洗濯物干すの??

 

旦那
全部ハンガー

なるほどと思いました。
旦那はものすごい量の針金ハンガーを持っていたので、その意味がわかりました。

旦那の実家に行った時、旦那のお母さんは、たしかにすべてハンガーに干してました。
私にはなかった発想で、ビックリしました。

 

ハンガーで言うと、私は実家から、このタイプが好きで持ってきていました。

肩の部分がスライドで調整できるので便利です。
これも旦那は初めて使ったらしいです。

私にとっての当たり前は、自分の実家の基準だと知りました。
そして、旦那も自分の実家を基準に一人暮らしをしてきていたようです。

 

実家での洗濯カゴ

 

洗濯カゴはこのタイプを使っています。

この手のタイプは、プラスチック部分が臭くなってしまうのが悩みです。
でも、いろいろなタイプがあって、プラスチックである必要もないと、最近気付きました。

このタイプはガッチリしていて好きですが、使わないときは結構場所を取るので、ジャマです。

 

次はこのタイプにしようかと思っています。

洗濯ネットとして使えるので、洗濯機にひっかけておいて、洗濯物を入れ、ファスナーを閉じてそのまま洗濯槽へ。

洗濯後は、干すところまで、バッグとして持ち運べるので便利です。

旅行の時は、洋服を入れとしても使えるし、使用後の洋服をしまって持ち帰って来ればそのまま洗濯することができます。

大きさも種類があるので、何個かあっても良いなと思います。

 

まとめ

 

実家は実家、夫婦での暮らしを実家と同じにする必要はありません。
そんな当たり前のことを、生活しながら気付いていきました。

旦那との感覚の違いもビックリしましたが、それぞれの家庭で、違った当たり前があるのだと思います。

今の暮らしに必要なものを、必要なだけ買って、生活していきたいと思います。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.