洗濯槽の洗浄にチャレンジ

 
洗濯機

私は結婚前は実家暮らしだったので、家事は一切やっていませんでした。
洗濯もすべて親任せ。
なので、もちろん、洗濯機の掃除なんてしたことがありませんでした。

洗濯機は掃除が必要なことも、洗濯機に  『 槽洗浄コース 』 があることも知らなかったです。

 

洗濯槽のお手入れ

 

今使っている洗濯機はまだ新しいので、洗濯槽も見た目には特に汚れていません。
普段は、洗濯槽内のゴミ受けフィルターに、大きなゴミが溜まったら捨てるようにしていました。

本当は、毎回ゴミを取った方がいいらしいです。

梅雨の時期、部屋干しの生乾き臭があまりにひどいので、洗濯槽の汚れが原因かと思って、洗濯槽洗浄をしてみることにしました。

 

はじめての洗濯槽洗浄

 

洗濯槽洗浄のためにこちらを購入しました。

30~40℃のぬるま湯を使用すると、より効果的のようなので、お風呂にお湯を溜め、風呂水用ホースを準備しました。
ところが、『 槽洗浄コース 』では、風呂水を使うことができませんでした。

このためにお湯を入れていたので、意地でも使いたくて、普通の『 洗いコース 』を使うことにしました。

『 洗い 』 で撹拌後、しばらく放置しておくと、かなりの汚れ&ゴミが浮いていました。

この時、ゴミをすくうことを知らず、最後の脱水まで放置してしまいました。

終わった頃には、ゴミが、底の部分にびっしり張り付いていました。

拭き取ろうとしても、溝も多いし、張り付いていて、なかなか取れず...苦労しました。

ゴミは全部流されていくのかと勘違いしてました。
(流れたところでどこかに溜まると思いますが…)

 

洗浄後、帰宅した旦那が洗濯したら、洗濯物がゴミだらけ。
まだゴミが潜んでいたようです。
ゴミは服にこびり付いてしまって、取るのも大変!!
その服は古かったので、そのまま捨てることになってしまいました。

はじめての洗濯槽洗浄は失敗に終わりました。

 

2回目の洗濯槽洗浄

 

はじめての洗濯槽洗浄から約3ヶ月、また洗濯槽の洗浄をすることにしました。

今回は、すべて水道水を使用。
洗濯機の『 槽洗浄の12時間コース 』 で行いました。

途中に何度も一時停止をして、
○浮いたゴミをすくう
○ゴミ受けフィルターを外して溜まったゴミ取る
を繰り返しました。

さらに心配なので、終わった後に一度、空の状態で 『 洗いコース 』 をしました。

その後、すぐに旦那が洗濯していましたが、ゴミは付いていなかったようです。
無事、洗濯槽洗浄は成功しました。

 

まとめ

 

はじめての洗濯槽洗浄をしたときは、見事に失敗に終わりました。

旦那に迷惑をかけましたが、2回目は成功しました。

なんでも経験があるのとないのでは大違いです。
些細なことですが、ひとつ成長できて良かったです。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.