お金を持つ感覚を育てる

 

高校生の頃、バイトしていたとき、口座に3万あれば、すごくお金持ちな気分になれました。

何買おう!?といつもウキウキしてました。

就職した時、初任給が17万くらいで、それまでのバイト代とは桁が違ったので、こんなにお金がある!どうしよう!?くらいの気持ちでした。

 

お金の使い方を知らない


お金が入るようになって、給料から月2万円財形貯蓄をはじめました。

その他に、車を買う頭金を貯めようとしていた矢先、憧れていたエステに行き、そこで勧誘され、高額のローンを組んでしまいました。

なんとか払えるなと、思ってしまったのです。

結局車は買えず...

その後もエステで勧められるがままに高額の美容機器を買ったり、通販にハマって買い込んだり、とにかく散財してしまっていました。

唯一貯まっていた財形貯蓄が100万円になる頃、会社を辞め、それを資金に、学生時代に叶わなかった夢の、留学をしました。

 

お金がない現実に気付く

 

貯金をせずに好きなように使って、財形も全て使ってしまい、帰国したとき、家にあったのは、国民年金、健康保険、住民税の納税通知書でした。

生きていくだけでこんなにお金がかかるなんて...

身に染みました。

それらの支払いで、わずかな口座の残金もなくなってしまい、自分のお金の無い現状に愕然としました。

そろそろ真面目に貯金をと思ったときは、再就職しても手取りが少なく、思うように貯まらない…

ようやく貯まった100万で、今度はを買いました。

これはよく考えた上で、今後の人生のための大切な自己投資として。

そこでまた振り出しに戻り、結局、実家暮らしだったにもかかわらず、あまり貯金がありません。

 

お金がない感覚

 

学生時代は3万円を大金に思えたのに、今はお財布の中に3万円入っていても不安です。

これしかない。と思ってしまうのです。

お金がない!という感覚がすっかり染み付いてしまいました。

実際に食品や日用品を買いに行って、一度に3万円も使うことなんてありません。

なのに、不安に感じてしまうのです。

こんなにある!!が正しい感覚のはずなのに。

 

お金が貯まったら使わなければ!?

 

独身時代、100万を1単位としてお金を使ってきたこともあり、今も口座に100万貯まるとソワソワしてしまいます。

何かしなきゃいけない気がしてしまうのです。

変な感覚が身についてしまいました。

 

お金に対する感覚を変えていこう

 

お金を貯めて行くには、この、お金がない と、100万でソワソワ してしまう感覚をなくしていく必要があります。

お金がないと思っていると、楽しくお金を使うことが出来ません。

100万でソワソワしていては、今後貯金が貯まりません。

楽しく使って、しっかり貯めていけるように、少しずつ、感覚を修正して、お金を持つ感覚を育てていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.