食費が42,000円→25,000円以下に

 

私は料理が苦手なため、レシピを調べて作るようにしています。

この記事で書いたように、とにかく全部レシピを調べてました。

そのため、レシピが決まってから、必要な食材を買いに行くのです。

そんなやり方をしていたので、月の食費が4万以上かかってました。

これは外食は含みません。

なんとなく、食費は3万くらいのイメージだったので、さすがに2人で4万は高いと気付いて、そこから見直しを始めました。

 

食費の見直し①<レシートを確認する>

 

米、肉、野菜、牛乳、たまご、調味料など、分類ごとに、それぞれ月にどのくらい買っているかを確認しました。

それにより、毎月たくさん買うもの = 定番品 がわかりました。

我が家の定番品:牛乳、たまご、納豆、プリン

 

食費の見直し②<定番品の安い店をリサーチする>

 

定番品は、それまでほとんど同じスーパーで買っていました。

これらはスーパーよりもドラッグストアの方が安く売っていることに気付きました。

買う回数が多いので、1個ならわずかな差でも、数を買えば大きな差です。

 

食費の見直し③<献立を先に考える>

 

毎日、献立を決めてから、その日の買い物に行く習慣になっていたので、先に、一週間分献立を考えることにしました。

それで必要な材料を書き出して、買い物に行きます。

これでまとめ買いが出来ます。

*この方法は1ヶ月以上続けたのですが、もうやめました。
原因は3つ
①先に買うものが決まっているので、高くても買わなくてはいけないので、節約にならない。
②高いからと買わなかった場合、献立に影響が出て、考え直さなければならない。
③一週間分の献立を考えるのがとにかくしんどい…

ですが、「 これを買えば、○○と△△が作れる 」 がわかるようになったので、やってみて良かったとは思っています。

 

食費の見直し④<買い物に行く曜日を決める>

 

お店はそれぞれ特売日曜日があります。

それも確認せずに、毎日必要な物を買いに行っていたので、高くついていました。

近隣のお店は特売の曜日が重なっていたので、その曜日に買い物に行くことにしました。

 

毎日行くと、つい多く買いがちなので、買い物は1週間に1回と決めました。

チラシをチェックして、どの店で買うかを決めてから行きます。

 

食費の見直し⑤<安いからといって買いすぎない>

 

安さに惹かれて、たくさん買ってしまうことがあります。

冷凍できるものはいいですが、鮮度や賞味期限に追われて、作りすぎたり、食べすぎたりしてしまいます。

 

こうなると、安いと思って買った分が、余計な出費になってしまいます。

買わない方が節約だったということです。

 

食費の見直しの結果

 

4万以上かかっていた食費が2万5千円以下になりました。

内容を変えたわけではありません。

買う日、買うお店を決めただけです。

 

1番安いものを買う節約ではなくて、好きなものを安く買えるお店で買う方法です。

それだけで変わりました。

 

買い物の仕方

 

なるべく、一週間で使う分だけ買います。

定番品は安いドラッグストアで買い、その他はチラシをチェックして、スーパーでお買い得なものを選びます。

 

まとめ

 

5つの見直しをして、一週間で何をどのくらい必要かがわかってきて、食費は落ち着きました。

まとめ買いについては、余ってしまうこともあるので、今は少し少なめに買うようにしています。

足りなくなったら買いに行けばいい。とゆるく考えるようにしています。

ただ、油断すると、買い足しすぎて食費があがることもあるので、どのくらい使ったかは把握するようにしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.