旦那のおこづかい5万→3万へ

 

旦那のおこづかいを5万→3万に減額しました。

月に2万円、年に24万の差です。

毎月のやりくりを考えると、とても大きいです。

 

旦那のおこづかいが5万だった理由

 

もともと、旦那が給料から積立をするために、5万円別口座に入金されるように設定していました。

結婚後にそれを知って、しっかり貯金しているのかなと思いきや、メイン口座と別口座、両方使ってしまっているとのこと。

別口座に関しては、ほとんど残高がないと言います。

そのため、その別口座をそのまま旦那のおこづかい用としました。

メインの給料口座を私が預かって、生活をはじめました。

 

旦那のおこづかいはいくらがいい?

 

おこづかいが5万はちょっと高いような気がしていました。

一般的な旦那のおこづかいの金額は、手取りの1割くらいだそうです。

それを超えている場合は見直しをした方がいいと。

そう考えると、もっと減額したい...

 

今回減額できたのは、保険に加入するお金を捻出するため。

手取り額での生活は正直カツカツです。

 

その状況で保険を考えていたので、旦那から、おこづかい制で3万にしようか?と提案してくれたのでした。

それをありがたく受け入れて、5万円の別口座は廃止へ!

3万円のおこづかいを手渡しするようになりました。

本当に助かりました。

月2万の余裕が出るのは本当にありがたいです。

 

旦那のおこづかいの使い道

 

おこづかいの金額は、何に使っているかで、多いのか少ないのかが変わると思います。

旦那のおこづかいの使い道は、飲み物、たばこ、漫画本がほとんどで、美容院や、会社の飲み会もあります。

飲み会はおこづかいが減るときついかなと思ったのですが、どうやら毎回支払いがあるわけでもないようなので、様子を見ることにしました。

ちょっと節約を心掛けてタバコが減ってくれたらいいなと密かに願っています。

 

おこづかいで新たな問題発生

 

旦那のクレジットカードの支払いはメインの給料口座です。

スマホで漫画を読んでいるらしく、毎月数千円、カード払いをしています。

これはおこづかい減額前からのことですが、実質おこづかいは3万プラス数千円になっているのです。

ずっと気になっていましたが、今回の減額でさらに気になるように。

あまり厳しく言って機嫌を損ねられてもなぁ...と現在悩み中です。

 

カード利用分の支払いは翌月なので、その利用額分を翌月の生活費から引いています

カード利用を含め、現金の出費を月6万以内に収めたいと思っているので、この数千円が結構響くのです。

なんとか私が上手にやりくりできればいいのですが。

 

まとめ

 

旦那のおこづかいが、2万円減額されました。

この2万円で、保険や貯蓄の仕方を具体的に考えていきたいと思います。

おこづかいは、はじめから、収入に見合った金額で設定することが大事だと思いました。

あとから減らすのは、心苦しいです。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.