自動車保険を受け取った場合の税金は?

 
自動車

以前、老後資金について考えていたときに、保険の場合は受け取り時に税金がかかることを知りました。
加入するときは、受け取る時のことまで正直考えていなかったです。
税金の話はむずかしいです...

最近、自動車保険の保険金を受け取る機会がありました。
ん?もしかして税金かかる!?と不安になり、確認してみました。


受取った保険金に対して税金はかからない

個人が収入を得た場合にかかる税金に所得税があります。所得税は年内に得た収入により、利益が発生した場合にかかります。

任意保険で受取った保険金は、個人の収入と考えられます。しかし、保険金は事故によって受けた損害を補償するものであり、受取った人に利益はありません。したがって、交通事故で受取った保険金に対して所得税はかかりません。

引用:ソニー損保

収入ではあるが、利益ではないので、所得税はかからないようです。


すべて相手側の賠償であっても、自分の加入している保険からも保険金が支払われる場合があります。
この受け取りも非課税です。

私は助手席に乗っていて事故に遭いました。

通院が必要だったため、相手側の損害賠償で、
○治療費
○通院交通費
○休業損害*
○慰謝料

同乗していた運転者の損害保険で
○搭乗者傷害の医療保険金

を受け取ることになりました。
これらは税金がかからない = 確定申告の必要はない とわかり安心しました。


ですが、死亡保険金の場合は、保険料を負担していた人、被保険者(亡くなった人)と保険金の受取人の関係性により、相続税、贈与税、所得税のいずれかの対象になるようです。
これは自動車保険にかかわらず…ですね。

 

収入がない主婦も休業損害*の対象になる

休業損害は、交通事故により発生した収入の減少を損害とするもので、加害者に対し損害賠償請求が可能な項目のひとつ。基本的には1日あたりの収入額を算出し、休業日数を乗じて算定される。現金収入がなかった主婦や失業求職者でも請求することが可能とされます。

引用:交通事故弁護士相談広場

休業損害の計算方法
【休業損害 = 1日当たりの基礎収入 × 休業日数】

収入がない主婦でも請求できるということは、主婦も基礎収入が計算されるということ。

知らなかったので、ちょっと感動してしまいました。

 

まとめ

 

自動車の任意保険は当たり前に加入していましたが、保険金を受け取る機会はなかなかありません。
今回、『受け取った保険金に対しては所得税はかからない』 ことがわかり勉強になりました。

当事者にならないと知らないことは多いものです。

私は通院で済んだので、まだ良かったですが、痛い思いはしたくないものです。

運転は本当に気を付けたいですし、自動車の任意保険は大事だなぁとつくづく実感しました。

相手側が任意保険に加入していて良かったです。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.