家計三分法 「 消費 」「 浪費 」「 投資 」の考え方

 
三分法

毎日、頭の中の半分は家計のことを考えています。
自分の中で、家計の仕組みづくりがまだうまくいっていません。

○収入に対しての支出・貯蓄の割合がこれで良いのか
○口座分けは今のままで良いのか
○今月は生活費のやりくりがうまくいくか

そんなことを考えながらネットでいろいろ検索していたら、家計再生コンサルタント横山光昭さんのブログにたどり着きました。

 

『 家計三分法 』

 

そのブログでは、家計に悩む人は、お金が散らかっているので、まず支出の整理整頓すると書いてありました。

それが、支出の整理 『 家計三分法 』 です。

整理の仕方は 「 消費 」 「 浪費 」 「 投資 」 に分けるのだそうです。

家計三分法

参照:はじめての貯金&投資生活

この三分法の理想の割合は、
「 消費 」 : 70%
「 浪費 」 : 5%
「 投資 」: 25%

お金が貯まる人たちは、この割合になっていることが多いのだそうです。

直近のひと月の家計簿から我が家の支出の割合を具体的に見ていこうと思います。

 

「 消費 」

 

「 消費 」は、生活するのに必要な支出
家賃・食費・水道光熱費・教育費・被服費・通信費・交際費など

支出の合計に対して、37%を占めていました。

 

「 浪費 」

 

「 浪費」は、過度な嗜好品
たばこ・コーヒー・お酒・時間外手数料など

今の家計簿では、娯楽費として、おやつや外食、ちょっとした買い物を
また特別費として、大きな買い物、その月だけ掛かる費用をつけています。
これを合わせて浪費として計算してみます。

支出の合計に対して、43%を占めていました。

 

「 投資 」

 

「 投資 」は、必ずしも生活に不可欠でないが、将来の自分に有効な、生産性の高い使い方
習い事・書籍代・投資信託・貯蓄など

支出の合計に対して、20%を占めていました。

 

現状の割合を把握する

 

まとめると、

理想の割合        → 現状

「 消費 」 : 70% → 37%
「 浪費 」 :  5% → 43%
「 投資 」 : 25% → 20%

浪費が高すぎです。

分け方が明確ではないので、「 消費 」 +「 浪費 」 が75%を目指せればと思いましたが、それでも80%になってしまいます。

その分け方は良いとしても、「 投資 」 の割合が低いのだなと実感しました。

 

まとめ

 

『 家計三分法 』という方法を知りました。
「 消費 」・「 浪費 」・「 投資 」 に分けて、これからの支出を意識してみたいと思います。

もしこの方法がわかりやすいと思えたら、家計簿のつけ方も変えた方が良いかもしれません。

現在は家計を見直し中で、来月から支出の割合が変わる予定なので、それが落ち着いたら、またこの三分法に当てはめてみたいと思います。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.