給与天引きによる先取り貯金の罠

 
給与明細

我が家の家計は、旦那の給料から、天引きで先取り貯金をしています。

天引き額は45,000円

旦那が、転勤先ごとに設定していたらしく、2口座にそれぞれ、20,000円と25,000円に分けられています。

毎月45,000円は自動的に貯金されていると思っていました。

...そう信じていました。

 

通帳記入をしてみたら

 

旦那は通帳記入を一切しません。
結婚してから、生活費用の通帳をもらいましたが、最後の記帳は5年以上前でした。

天引きの先取り貯金の通帳も、一度も記帳されていないため、記帳してみることにしました。
そして、天引き額と、残高に差があることが発覚。

旦那に確認したところ、給与明細に載っている天引き額が、すべて貯金ではないと言うのです。

最初に給与明細をもらった時、記載されている天引き額は、貯金だと聞いていたのに…

では、内訳はどうなっているのかというと、曖昧なのです。
会社で確認してみると言っていました。

おそらく、最初に説明されていたのではないかと思うのですが...

先取り貯金をふまえて、年間の貯金目標を立てていたので、考え直しになってしまいました。

 

知らない方が良かった?通帳明細

 

旦那はあまり細かいことを気にしない、大雑把というか、どんぶり勘定というか、よく言えばおおらかな人です。

他の通帳も記帳してみたところ、ATMの引出手数料だけで、年間1万円くらいかかっていました。

私は手数料をかけてお金を引き出すなんてありえないと思っていて、手数料無料の口座しか使っていません。
でも旦那は、手数料なんて気にしないのです。

その金額を、月々のやりくりで節約しようと思ったら大変なのに… と思ってしまいました。
旦那の稼いだお金だから、私がうるさく言うことではないとわかっているのに、なんだか解せません。

この手数料のかかっていた口座は、以前旦那のおこづかい用としていたものです。
そのことを書いた記事はこちら

現在は、おこづかいを現金渡しにしたので、あまり引出しはされていません。
手数料を考えても、現金に切り替えて良かったと思いました。

 

まとめ

 

給与明細を見て、先取り貯金だと思っていた金額が、すべて貯金になっていませんでした。
なんだか騙されたような気分です。
でも、ちゃんと細かく聞かなかった私も悪いなとも思います。

こうなっているはず。とか、こうしてくれるはず。などの思い込みはよくないなと実感しました。
今回の反省を生かして、今後はきっちりぎっちり管理していかなくてはと思いました。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.