思い込みを変えて、幸せを手に入れる

 
Happyイメージ

どうせなにかを思うなら、
「 自分にとって楽しいことを 」
「 自分にとって望むことを 」

 

この本の中の一文です。

読んでいて、旦那と出会ってからのことを思い出しました。

 

思い込みを封印する

 

私は旦那と仕事の関係で知り合いました。
数年間、あの人いい人だなぁとずっと思っていました。

でも大前提として、
私は結婚できない
私は幸せになれない
私はあの人には釣り合わない
という思い込みがありました。

私は基本的にネガティブです。

年齢的にも、結婚を考えることは多かったので、
ふと、「 もし結婚ができるなら、あの人が私の旦那さんだったらいいのにな。 」 と思うようになりました。

ただの妄想でしたが、
○もし付き合えたら
○もし付き合って旅行に行ったら
○もし付き合ってから彼が転勤になったら
○もし、プロポーズされたら

そんなことを考えるようになりました。

そして、あの人は、来年あたり転勤するらしいことを知りました。
私も、そろそろ転職をしようかなと思っている時期でした。

もうあまり時間がない...
それならいっそ、想いを伝えてみてもいいかもしれない...

どうせ、あの人は転勤するし、私も転職するし、うまくいかなくても二度と会うことはないだろう...

 

共通の知人に相談し、食事に行くことになりました。
それからは妄想したことが1つ1つ現実となり、本当にとんとん拍子で今に至ります。

思い込みを封印して、妄想した結果です。

今でも思い出すと、なぜそんなふうに考えられたのか、不思議です。

この本には、本当に思い込み、思考のクセを変えるだけで、人生が変わった人たちの話が書かれています。

私も経験があるので、嘘じゃないかもと思います。

 

思い込みで変えたいこと

 

本当に思い込みで変えられるなら、変えたいと思うことがあります。

それは、貧乏性をなおしたい です。

自分にモノを買うのがもったいなくて、買うと罪悪感が残ります。
もったいなくて、高いものが買えない。
もったいなくて捨てられない。

この思考のクセを変えて、生活したいです。

 

すべては思い込み

 

そうと思うようにしたいのです。

○実際に貧乏なわけではない
住む場所はあるし、食事もできているし、借金もありません。
だけど、なぜかいつも 「 お金がない 」 という感覚が消えず、不安がつきまとっています。

○必要なものは買ってもいい
○お金は使ってもまた入ってくる
○自分もお金持ちになれる

そんなふうに思い込んでいきたいと思います。
もしこれで良い方向に向かえば最高です。

 

まとめ

 

同じ事実でも、思い込みや思考のクセによって、見え方が変わります。

どうせなら、楽しいこと、望むことを思いたいものです。
ネガティブな考えも、視点を変えて、楽しいこと、自分の望むことへ変換していく。

慣れるまで大変かもしれませんが、それが現実になることもあります。

ずっとネガティブなのも疲れますからね。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.