お金の価値を知る

 
時計

「働くことを考えはじめたとき読む本」という本を読みました。

就職前の学生のときに読めていたらなと思うところと、今の年齢だから納得する部分がありました。

 

その中で、お金の価値についての書かれていました。

お金とは、言ってみれば、ただの交換物です。なにかと交換するときに使用するもの。

引用:働くことを考えはじめたとき読む本

 

自分が働いたことによってお金をもらう。
そのお金で、なにか買う。

今買おうとしているものは、自分の労働に見合った価値があるのか。

 

バイトをしていた時は、時給なので、わかりやすく計算していました。
3000円位のモノなら、バイト1日で稼げるから、明日頑張って働こうと思ったり。
数日働いて、あれを買おう!と目標にしたり。

 

どのくらい使うのか

 

モノの値段を考えるとき、毎日使うものなら、「1日あたりいくらか」 を計算することもあります。

たとえば3万円のモノだったら、買う瞬間は高価に感じるけど、1年使うなら、1日あたり100円以下。
そう考えたら高くないな。と思ったり。何年も使うようなものなら尚更です。

たくさん使うものであれば、多少高価であっても、その価値があると思えます。
それを買って使うことで、毎日の気分があがるなら、とても良い買い物になります。

むしろそういうものに、お金を使いたいです。

 

時間がお金になる

 

高校生のとき、部活が楽しくなくて、アルバイトでもしたいなと思いました。
部活は時間が長く、その後も友達とだらだらと帰宅して、毎日帰宅が遅かったです。
そして、土日も練習や試合ばかり。

そういった時間が、働けばお金になる! と思ったとき、すごく嬉しかったのを覚えています。

月2、3万の収入でしたが、おこづかいを特にもらっていなかったので、自分で好きなように使えるお金があることに感動しました。

就職して、働くのが当たり前のようになると、そんな感動はなくなってしまいましたが、「時間がお金になる」 というのは変わりません。

 

実際、結婚前は、Wワークをして、必死に時間をお金に変えていました。
良い経験だったと思うのですが、その数年間は本当にあっという間でした。

他の方法もあったのではないかと思うくらいです。

 

現在は、旦那が仕事に行っている間、私は好きなことをさせてもらっています。
やりたいことがたくさんあって、ひとりの時間はありがたいです。

でも時給換算したら、とても貴重な時間なのだと実感します。
大切に過ごしたいと思います。

 

まとめ

 

お金はなにかと交換するために使用するもの。

欲しいものにその価値があるのか。
価値のあるものに変えられているか。

そして、時間はお金につながる貴重なもの。
価値のある使い方をしていきたいなと思います。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.