「ちょうどよかった」と言ってみる

 
ちょうどいい

外出する予定があって、向かった先の近くに、ショッピングモールがありました。

そこへ寄ってみたら、行きたかったお店がいくつか入っていて、ちょうどよかった!と用を済ませることができました。

わざわざそのためだけに行くのはな...程度のことだったので、本当にちょうどよかったです。

住んでいる近くにはないお店がたくさんあったので、わくわく楽しめました。

 

「ちょうどよかった」と思う

 

 

「ちょうどよかった!」は魔法の言葉というページにこんなことが書いてありました。

困ったことが起こったとき、「ああ、ちょうどよかった!」と口にするとどうなるか?
なんと、どんな悩みでもその言葉通りに、あなたの都合のいいものに変わります。

これは私もたまに思っていたので、納得できました。

 

たとえば、旦那から急に、「今晩飲み会になった」と言われることがあります。

結婚当初は、「夜ひとりで寂しい」とか、「○○の下準備していたのに...」と思ってテンション下がっていました。

でも今は、「まだ何も準備してなかったから、ちょうどよかった!」とか、「ご飯作らなくていいなら、あれやろう!」とか、「1食分、食材も献立も浮いた!ラッキー」などと思うようになりました。

他にも、「休日は出勤する」とか「休日はゴルフになった」なんてこともありますが、休日のご飯作らなくていいのは私にとってはご褒美。
食事の心配をせずに、好きなことをやっていられるし、ひとりで出掛けることもできます。

 

これらは生活のささいなことですが、「残念」とか「どうしよう」と思うのではなくて、「ちょうどよかった!」と思うと、本当に自分の都合のいいことに変えられます。

 

転勤族との結婚は「ちょうどよかった」

 

私の場合は、結婚も「ちょうどよかった」出来事です。

○転職を考えていた
○Wワークにちょっと疲れていた
○すでに30を越えていた

生活をスパッと切り替える、良いタイミングでした。

仕事を辞めるのは、きっかけが必要ですし、ネガティブな理由で辞めるのは、言い出しづらいものです。
そうではなく、結婚して、転勤についていくために退職できたわけですから、「ちょうどよかった」のひと言です。

まわりにマイナスなことを言われることもなく、踏み出すことができました。

 

まとめ

 

困ったことが起こっても、「ちょうどよかった」と言ってみる。

そうすることで、その状況になったからこそ、得られるものがあります。

実は、外出先はもっと近場でも良かったことが、後で発覚しました。
ですが、遠くまで行ったおかげで得られたものがたくさんあったので、やっぱり、「ちょうどよかった」になりました。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.