転勤族と結婚するなら、式はどこで挙げる?

 
ブートニア

転勤族の彼と結婚を決めた時、結婚式をどうするか悩みます。

転勤のある会社に勤めている方たちは、勤務地と出身地が違うことが多いです。

○結婚式はどこで挙げるか
○会社の人を招待するか、家族だけの式にするか

皆さんはどんなふうにしているのかを聞いてみました。

 

転勤族の先輩たちの挙式事情

 

私の周りの方たちの式を挙げた場所は3パターンでした。

○新婦の出身地
・学生時代に新婦の出身地で知り合ったから
・旦那さんの勤務地 = 新婦の出身地 だから

○リゾート
・お互いの出身地も遠いので、家族だけで

○ふたりの出身地の中間地点
・転勤族同士で、出身地も遠いので、中間地点で交通に便利なところ

 

どちらかの出身地で式を挙げる場合

 

ふたりの出身地が遠い場合、どちらかの出身地にすると、どちらかの交通費の負担が大きくなります。
宿泊するならホテル代もかかります。

その費用をどう負担するのかの話し合いが必要になります。

職場の人を招待するなら、お車代もかかってきます。
転勤族の場合は、同僚も各地にいたりするので、どこまで招待するかは考えものです。

式の費用だけでなく、お車代なども含めた計算をして、自分たちの予算と希望の叶う結婚式場を探す必要があります。

 

リゾートで挙式する場合

 

リゾートでは、家族のみで行う人が多いようです。

予算や日程的にも、会社の人や友人は招待しづらいですし、招待しなくても良いという考えもあります。

新婚旅行も兼ねて、海外にするのもいい思い出になると思います。

 

ふたりの出身地の中間で挙式する場合

 

ふたりの出身地が遠い場合、中間地点で挙式を行えば、交通費などの負担も半々で、お互い様となるので良いと思います。

ただ、どちらも縁のない場所だと、決めるのに時間がかかるかもしれません。
見学に行ったり、打ち合わせしたりすることを考えると、不便な部分もあります。

 

結婚式をするなら

 

まずはふたりの希望を話し合うことが大切です。

私たちは、結婚式をするなら、
○誰を呼ぶか
○いつやるか
○どこでやるか
この3つをまずふたりで話し合いました。

そして、呼ぶのは家族のみ。
家族婚にしよう! ということだけは、一致しました。

その先は、お互い優柔不断なところがあって、話が進まないので、ゼクシィカウンターへ相談に行くことにしました。

入籍を先に済ませていたので、決まらないまま時間が過ぎてしまっていたからです。

やると決めたら、早いうちに決めてしまおう!と動き出しました。

 

まとめ

 

転勤族の結婚式を挙げる場所は、新婦の出身地・リゾート・ふたりの出身地の中間地点などがあります。
会社の人をたくさん招待する場合などは、勤務地も選択肢の1つです。

まずは、お互いの希望を明確にして、予算を話し合いましょう。
具体的に進まない時は、プロに相談する手もあります。

より現実的になりますし、式場の見学をすると、考え方が変わったり、イメージがわくこともあります。

ふたりにとってステキな結婚式ができるのが一番です。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 転勤族と結婚しましたブログ , 2018 All Rights Reserved.